きたいわてぐるっとパス【右回り】 世界遺産御所野遺跡ときたいわて買物の旅
見どころは、なんといっても世界文化遺産に登録された『御所野遺跡』。今回登録となった北海道・北東北の縄文遺跡群4県17遺跡のうちの一つです。 園内には博物館も設立されていることから縄文時代を詳しく学ぶことができます。歴史を詳しく学んだ後は、北岩手の内陸から沿岸にかけて物産巡り。岩手の銘菓である南部せんべいをはじめ、その土地ならではの季候、風土で育った特産品、名産品を堪能。お宿はあの座敷わらしで有名な金田一温泉郷で。2日目は三陸鉄道に乗り、復興していく街を眺めながら三陸の新鮮な海産物を存分に味わってみてはいかがでしょうか。

このモデルコースの基本情報

使用する乗車券

きたいわてぐるっとパス【右回り】
料金 おとな 5,200円、こども 2,600円
有効期限:3日間
各施設にてお得なサービスが受けられます! 

想定金額

上記チケット以外に下記料金が別途かかります。
内訳 四季の里食事代 900円~2,000円、金田一温泉郷宿泊費 14,000円~ その他きたいわてぐるっとパス以外の路線バス・タクシー代等

1日目

【START】盛岡駅

9:13発、IGRで一戸駅へ。10:16着。

一戸駅

10:45発、県北バス(路線バス 御所野縄文公園行き ※運行期間:2021年11月30日まで)で御所野縄文公園へ。10:55着。

1
御所野縄文公園

ついに世界文化遺産に登録されました!御所野遺跡は今回登録となった北海道・北東北の縄文遺跡群4県17遺跡のうちの一つです。御所野縄文公園内には、竪穴式住居が点在し、博物館も設立されていることから縄文時代を深く学べるほか、事前予約ではありますが、縄文体感プログラムも行われているので、ぜひ参加して当時の生活に思いをはせてみてはいいかがでしょうか。

12:05発 県北バス(路線バス 一戸駅前行き ※運行期間:2021年11月30日まで)で一戸駅前へ。12:15着。

一戸駅

12:35発、県北バス(路線バス 二戸駅前行き)で荒瀬橋へ。12:48着。

荒瀬橋

徒歩で四季の里へ。3分程度で到着。

2
四季の里

南部せんべい乃 巖手屋本社工場に隣接する「自助工房 四季の里」では、南部地方の郷土料理をお召し上がりになることができます。「四季の里」では岩手県産のそばを殻剥きから手掛け、石臼で引いた粉を手打ちし、その日に打ったそばのみを提供しております。天ぷらもサックサクの衣で好評をいただいております。料理だけではなく故郷の温もりをも感じさせてくれます。南部の心をどうぞ「四季の里」で味わってください。

3
北のチョコレート工場 2door

2doorとは二戸【2つの戸】にかけて名付け、さらに【南部せんべいとチョコレート】や【伝統と融合】の意味を込めた、まさに次への新たな扉です。 2doorでは、チョコレート商品の製造過程が見学出来ます。 また、店内ではチョコレート商品のみならず、南部せんべいも各種豊富に取り揃え、2door限定商品もご用意しております。カフェスペースや、体験コーナーもございます。毎日数量限定の『カカオの実スムージー』は想像以上にフルーティーな味わいです。

13:50発、タクシーでなにゃーとへ。14:15着。

4
なにゃーと

二戸駅に隣接するなにゃーと物産センターでは、岩手県北・青森県南・秋田県東19市町村の特産品、名産品を販売。日本一の漆の生産量を誇る浄法寺のウルシの花から採取した希少な「うるし蜂蜜」、昔から「赤べこ」として地域で親しまれてきた短角牛を使用したレトルトシリーズが人気です。ニ戸市で育つ、ブランド果実も季節ごとに楽しめます。

15:00発、徒歩で二戸駅へ。

二戸駅

15:14発、IGRで金田一温泉駅へ。15:21着。

金田一温泉駅

ホテル送迎バスで金田一温泉郷へ。15:35頃着。

5
金田一温泉郷(侍の湯おぼない)

宿の湯は、開湯380年の金田一温泉郷の数ある源泉の一つ「玉の湯」から引いています。また、宿の建物は築80年ほどという昭和レトロな趣があり、増築を繰り返したためか迷路を思わせる造りになっています。旧館には今では貴重な職人技が残り、随所に見どころが多いのも魅力。宿泊客からの寄せられた座敷わらし情報を集めたコーナーでは、読んでワクワク、「私も出会えるかも」と期待感が高まります。

宿泊

2日目

金田一温泉郷

8:50発、ホテル送迎で二戸駅前へ。

二戸駅前

9:20発、JRバスで久慈駅前へ。10:30着。

久慈駅前

徒歩で道の駅くじへ。

6
道の駅くじ 2F 昭和レトロ館

テレビドラマで知られた「北限の海女」の町の道の駅。物産コーナーには、琥珀、地酒、地産野菜やキノコ、魚介類が豊富。「あまちゃんグッズ」もある。レストランには「琥珀丼」「海女丼」「まめぶ汁」と評判のメニューが。2階には『昭和の想い出博物館レトロ館』があり、地元久慈の中野正利さんが60年以上もかけて 一人でコツコツ集め続けた昭和のおもちゃなどを展示しております。入場料 有料。

11:45発、徒歩で久慈駅へ。

久慈駅

12:00発、三陸鉄道で新田老駅へ。13:23着。

新田老駅

徒歩で道の駅たろうへ。

7
道の駅たろう・防潮堤

道の駅「たろう」は、産直・交流施設やたろう潮里ステーション、道路情報提供施設、個人商店などが立ち並んでいます。また、平成28年1月に国土交通省の『重点道の駅』に認定され、田老地区の再生・創生に向けた住民活動の交流・連携、三陸ジオパークのゲートウェイとして位置付けられています。

15:20発、徒歩で新田老駅へ。

新田老駅

15:38発、三陸鉄道で宮古駅へ。16:00着。

宮古駅 / 宮古駅前

宮古駅前周辺、佐々由商店などでのお買い物がおすすめです。

宮古駅前16:55発、県北バス 106特急・急行バスで盛岡駅東口へ。18:30着。

【GOAL】盛岡駅東口

スポット一覧
1
御所野縄文公園 ごしょのじょうもんこうえん

場所

〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2

電話

0195-32-2652

営業時間

開園時間9時~17時

休業日

毎週月曜日(ただし月曜日が祝祭日の場合、その翌日)
祝日の翌日(土日をのぞく)
年末年始

2
自助工房「 四季の里 しきのさと

場所

〒028-6103 岩手県二戸市石切所荒瀬49−1

電話

0195-23-7148

営業時間

11時~15時30分

休業日

営業カレンダーにてご確認ください(社内行事・研修などでお休みさせていただく場合があります。ご予約の場合はご確認をお願いいたします。)

3
北のチョコレート工場&店舗 2door ツードア

場所

〒028-6103 岩手県二戸市石切所字荒瀬65-3

電話

0195-22-2222

営業時間

10:00-18:00

休業日

営業カレンダーにてご確認ください※社内行事、研修などでお休みさせていただく場合がございます。

4
なにゃーと物産センター

場所

〒028-6103 岩手県二戸市石切所森合68 カシオペアメッセなにゃーと1F

電話

0195-22-4395

営業時間

8:30~19:00

休業日

年中無休

5
侍の湯おぼない

場所

〒028-5711 岩手県二戸市金田一字湯田43-5

電話

0195-27-2221

営業時間

チェックイン 16:00 (最終チェックイン:20:00)
チェックアウト 10:00

6
道の駅くじ やませ 土風館 どうふうかん

場所

〒028-0056 岩手県久慈市中町2-5-6

電話

0194-66-9200

営業時間

営業時間9:00~19:00 ≪冬期・営業時間短縮あり≫

休業日

1/1

7
道の駅たろう

場所

〒027-0307岩手県宮古市田老二丁目5-1

電話

0193-87-2971

営業時間

9:00~17:00

休業日

年末年始

デジタルチケットを購入
きたいわてぐるっとパス
列車とバスを乗り継いで、きたいわてをぐるっとめぐる一定方向乗り降り自由のおトクな3日間周遊パスです。
※片側一方向に限り、どこから乗っても何度でも乗り降り自由です。
きたいわてぐるっとパス【右回り】(盛岡→二戸 方向)
大人 5,200円、小児 2,600円